• en
  • ja

CCNAすら持っていなかった私が、Skills Assessment Labを受けるとこうなる

2015/10/31 (土) 0:53

2回目の投稿となります、ルートリフ社員第1号の大島です。

今回は、2015/10/10~12に開催されました、Skills Assessment LAB for CCIE RSに潜入してきましたので、

そのレポートをお伝えしていきたいと思います。

まず、このコースは前提条件として、CCIE Routing and SwitchingのBlueprintの範囲は概ね理解している事が必要となります。

が、わたくしの現在のレベルといいますと・・・Blueprintにはまったく手がついておらず

英語の勉強から始めているといった段階で御座いまして、本来であれば受講出来るレベルではないのですが

今回は特別に参加させて頂きました。

初日はラボ環境を使用した、実践さながらの実技試験が行われます。

まず、午前中はトラブルシューティングセクション!

L2 なんとなくわかる

OSPF なんとなく(ry

EIGRP なんとなく(ry

BGP え、あー、うん・・・

DMVPN なるほど・・・、わからん

MPLS うん、無理!

Multicast ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

き、気を取り直して午後はコンフィグレーションセクション!

Bridging and Switching な、なんとか・・・

IGP ぐ、ぐぬぬ

VPN ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

といった具合で、ひのきの棒でゾーマに勝てる訳もなく、あえなく惨敗。

わかっていた結果ではありましたが、すこしショックでした。

この日は、とぼとぼ帰宅。。。

2日目は各セクションの解答と解説、

そして受験するにあたってのテクニックや効率的な勉強方法などのレクチャーを受ける事が出来ました。

特に受験テクニックについては、非常に参考になる部分が多く、参加されていた方々も真剣に聞かれていました。

最後に質疑応答の時間を取り、全カリキュラムが終了。

と、濃密な2日間だったのですが、やはり自分にはまだ早かったというのが率直な感想です。

本コースを受講するタイミングとしては、筆記に合格し、そろそろラボを受けてみようかな?

といった時期がベストではないでしょうか。

次回の開催日程は、2015年11月13日~2015年11月14となっております。

年末に向け、CCIE取得を目指している方は是非このタイミングで参加されてみては如何でしょうか!