• en
  • ja

CCDE受験記 5回目

2016/2/25 (木) 23:42

ん?受験記5回目?と思われたと思います。

いやー、受験記なんですがCCDEってCCIEほど書くことが無いんですよね、、、
何せ機械を触る訳でもないし、ランチを受験者で取る訳でもないし、受験者と交流ができるわけでもないし、プロクタがいる訳でもないし、海外行くわけでもないしで、、、

と言う訳で3回目と4回目は一度書いては見たんですが内容が面白くないので読み返してボツ!としちゃいました。

いや、Failったのが恥ずかしいからとかそういう訳じゃないっすよーーー!

何せ初回に6回は受けるかな?と予想してましたから!(なんの自慢にもならんな。)

2016年2月25日

さてさて、CCDEは3回目で60点取ったものの、4回目62点と勉強時間をCollaborationの勉強で殆ど取られたので全く進歩無し!
今度こそはというザ・ゴカイメ!バカの1つ覚えであるThe Whoの“Won’t get fooled again”(もう騙されやしない!)を聞きながら受験地に向かう!

今回は今迄と違う!そう、前回まではCCIE DCとCCIE Collaborationと同時進行でやりながらというアホ丸出しな事をやってたと大反省!
以下の本を追加で購入

CCDE Study Guide

したのにも拘わらず、この3ヶ月間はThe Clone Warsにハマって仕事がかなり忙しくなって全然勉強出来やしなかった、、、
チックショー!ネズミーめ!!!(いや、むしろそのお蔭で途中で止まったろ)
本自体は50ページくらいしか読めずという体たらく振り、、大丈夫なのか本当に、、、

さて、日比谷線のA13出口から歩いて3分ほどで到着!
そのままエレベーターに乗り18階の試験会場で受付を済ませる。
携帯の電源をオフにして、カバンをロッカーにしまって免許証を携帯していざ試験会場へ!

9:00辺りに試験開始!さて合計で8時間、午前中4時間で2つのシナリオに関する問いに答える。
そして1時間休憩を入れて午後も4時間で2つのシナリオに答える。
さて、出だしは絶不調!今まで全く見た事ない展開になっていて出鼻を思いっきり挫かれる。

“うっそだろ、、、”

流石にCCDE甘くない!しかし、進めていると大分内容全体が見えて来た!
やっと調子が出て来たので勢いに乗ってサクサクと進めて行くと、大分時間に余裕をもって前半戦が終了した!

そして1時間のお昼休憩を取る。毎回同じパスタ屋に行っていたので、今回はちょっと歩いて有楽町近くのハンバーグ屋で食事をする。

“うーむ、何だか今回は今迄に比べて全体が見えている気がするぞ!見ては行けない所まで見てやるか!” (ホラー映画で真っ先に死ぬキャラのパターンだぞ)

などと考えながらノートにメモを取りつつも昼食を済ませる。

そして受験会場へ戻る。この良い調子を崩したくない!ここが踏ん張り所だ!と言う訳で午後の部開始!
やっぱり今回は頭が冴えているのか、それとも他のCCIEトラックに対するプレッシャーも脱力感も無いのか、かなり手応えを感じながら先に進める。

“これは?ワールドレコードなるか?”

そんな思いが頭を過りながらもシナリオを進めて行く。
今迄は霧の中にいる相手と闘っている感じだったのに、今回はスッキリクッキリ見えている!

そのペースを崩さないまま全シナリオが終了!試験結果は筆記と同じでNextをクリックすれば直ぐ出てくる。

これは流石に大丈夫なんじゃないのか?これでダメだったら6回予想が7回になる!頼む!!世界に羽ばたかせてくれ!!

“Congratulations!”

“アーーマーーゾーーーーン!”(仮面ライダーネタです)ぬおーーーー!やった!ワールドレコードだ!!!世界初のCCIE8冠+CCDEだ!!!

ccde+8xccie

アメリカとの時差もあるので世界初なのは揺るぎない既成事実を作る事に成功したぜ!(嫌な言い方だ、、、)

ともあれ、もうCiscoのExpertは2016年2月現在でオール・コンプリートしてしまった!!!
え?CCAr?いやいや、受験料150万っすよ、、、あり得ないでしょ、、、

ともあれ、何だかとってもスッキリしました!取得出来て本当に良かった!
CCIEとは質が違えど難易度も高くて知識を適切に吟味できる試験かなと思うので

“経験もそれなりだし実機はもう触りたくないけど設計はやって行く!”

と言う方は是非トライして見て下さい!!

そして皆さんへのアドバイスとしては、“CCIEと同時にやらない!”って事ですね。(何のアドバイスにもなってない)

え?JNCIEコンプリート?いやいや、、、