2015年9月

今回も日本人、いや東洋太平洋で初のCCIE 8冠を賭けてCCIE Collaboration取得に挑戦!前回の屈辱を晴らせるのか?

さてCollaborationの空き状況は相も変わらずの空席感!本当に日本では人気無いんだなぁ、、、日本のUC技術者の少なさを実感せざるを得ない。USではCollaboration系の仕事もData Center系の仕事も多分にあるそうですがねぇ。

さてさて、と言う訳で9月14日に受験日を設定する!今度は合格出来ますように!!

2015年9月14日

朝6時半起床。ミッドタウンへ向けて家を出る。相も変わらずにiPhoneに入れてあるThe WhoのWon’t Get Fooled Again(もう騙されやしねぇ!)をオープニングに聴きながら駅へ歩いて向かう!今回は結構ギリギリにミッドタウンへ到着!そのまま1Fから21Fまでエレベーターで上がる。何時ものようにプロクタが入口手前で座って待っていた。

どうやら今回は寂しき1人受験ではない様子。R&S5名にCollaboration1名だ。1名だけ韓国の方で後は全員日本人。どうやら最後に到着したようで、プロクタがこちらの顔を見るなり“Ok, Please show me your ID”と言う事で日本の免許証を見せる。“Is this a first time to take CCIE exam?”と他の受験者で初の方が居たのでエレベータに関する説明から開始。“Ok, please follow me”と言う訳でエレベータへ向かう。

エレベータを上がって行きCCIE部屋へ到着。ブリーフィングを済ませると同時に、R&Sのインストラクションから始まる。その間一人でCCIE部屋で待つ事に。もう全く緊張はしないくらいになってしまったなぁ。しかし、予想外に部屋が寒くて上着を持ってこなかったことを後悔した。

インストラクションも終了したようで試験開始!まずは構成図と問題文を確認して行く。お馴染みのCall FlowやCodecの関連性を描いていく。もうここいら辺は殆ど時間もかからない。IP Phone達のMACアドレスも先に確認してしまう。後々の登録作業に備えるておく。

そして設定開始!!今回もInfrastructureは実に単純なので問題なくクリアする!メインパートのCUCMとIOS UCは今回もある程度事前に設定をしてしまう。CUCMの確認を始めていく。そしてIP Phoneがレジスト出来た事も確認した!特に毎回トラブル無くて手応えはいいんだけどなぁ、、、と思っていたら、周りのR&S受験者が騒がしく、どうやらトラブルが頻発しているようだ。この試験でのトラブルは本当に勘弁して欲しいもんです。こんなにプロクタが右往左往しているのを見るのは長い経験上で初めてかもしれない。

さてさて、こっちはこっちで進めないと。Call Routingの設定を確認して行く。debug isdn q931で詳細を確認していくが特に問題、、、ある!なんだこりゃ!全然ダメだ!前回と同様にリブートするが何ともならない、、、どうなってんのこれ?プロクタに話し掛けるも“今はEmergency発生中だから後にしてくれ!”と言われてしまった。嫌ぁな感じだなぁこれ、、、

しょうがないから、Videoの動作を確認する。今回は問題なく動いて、、、ねぇ!

何でか分からないけど電話機がフリーズする!今回は大分幸先悪いぞ、、、プロクタが戻って来たのでバックボーン機器のリブートとIP Phoneの再起動をお願いする。その間に休憩を取る事に。その後しばらく格闘して何とか復旧するが、、、Call Routingの1部分だけがどう頑張っても動いてくれない!前回はすんなり動作したのになぁ。怖い!CCIEって!(悪いのはお前だ。)

そしてIOS UCを確認していく。今回は動作は殆どクリアだ!問題文通りの動きをしてくれているハズ!Voice MailもUCCXもIM&Pも特におかしなところは無く終了!またもや全体を3時間程で終わらせることが出来た!今回はどうかなぁ?機器を全部再起動しているところで、 “Ok, please start saving your configuration, we are going to lunch after 5 minute!” という訳でランチへ。

ラボ会場から大きな机がある部屋へ移動。今回は合計6名でランチを食べることに。弁当の内容がこの3ヶ月連続で全く同じと言う事は置いておいて、プロクタが“現在ラボをアップグレード中で、来月からはシンクライアントになるんだ。”とのこと。もうデスクトップPCを机に置く時代は終わりですか~。また、“ディスプレイもデュアルディスプレイになって見やすくなると。”と言っていた。これはDC受験者には特に朗報じゃなかろうか?そしてお昼休憩の30分が終了して試験に戻る!

さて試験部屋に戻り午後の部開始!1から問題文を読み返して確認をしていく。やはり途中で上手くいかない部分があったりするので、何とか切り抜けて行く。動作は9割はしている。さてさて、どんな結果になりますか?“Last 3 minute! Please start saving your configuration!”という訳で見直しも3回は出来た所でwrを繰り返す。

そしてタイムアップ!今回はトラブル続きな部分があって困惑してしまった部分があったが、動作する事も出来たし確認も出来た!帰り途中の喫茶店で問題を纏める。とは言え、何だかCollaborationは全部動作しているのに点数が前回取れなかったので気になるなぁ、、、

帰宅してもどうせVoiceと同じでIP Phoneを鳴らしながらの採点だろうから、今日中には来まいと思いそのまま休むことに。

2015年9月15日

朝起きると、来ていやがる!合否メールが!さて、どうだ?今回はどうなんだ?俺をこれ以上コケにするつもりか?いくら貢いだと思ってるんだ!8冠よこしやがれぃ!

“Fail”

Why ? 何故に?同じ意味の事を何で2回言いたくもなる結果!セクションの点数を見ると、“これまた前回よりも悪い!何で?”という訳でトータルで51点くらい。サッパリ意味が分からない、、、動いてないのなら納得は行くんだけどなぁ、、、ちょっと頭を冷やした方が良いかもしれんなぁ。社長業との2足のわらじは厳しいのか?

後日談:

最近合格したと言う人と話す機会があったのですが、“それで合格しないどころかその点数はあり得ないね!プロクタのワイフと騒ぎでも起こしたのか?ハハハ” 何てアメリカンジョークを言われてしまった。うーん、何で何だろ?もうちょっと冷静に考えるしかないのか?受験地を変えてみるか?

次回に向けて:

もうちょっと根本的な解決策を考えてみたいと思います。