2014年11月 ※当時のメモを元に2015年7月に作成しています。

前回の敗北より1ヶ月間、今回もまた日本人初のCCIE 7冠を賭けてCCIE Data Centerに挑戦!今回はスピードを上げる事とトラップを如何に潜り抜けるか?に焦点を当てて来た。目を閉じていてもNX-OSのコマンドをノートパッドに打ってもミスが無いくらいには、結局ならなかった。(じゃあ言うな!)

CCIE Data Centerはまず熾烈な椅子取りゲームから始まる!歪んだ政権争いには王座を狙う輩が多いのだ。(お前は何を言っているんだ?) しかし相変わらずの激戦ぶりで、全然席がない!東京みたいな辺境の地ですらこの有様とは、、、とにかく時間があれば席をチェックして何とか11月26日に挑戦権を奪取した!そう、17万払う権利を手に入れたのだ!(全然嬉しい話ではない。)

受験少し前の11月14日にCCIE Nightと言う国内CCIEホルダーが一同に会するイベントがあり、参加させて頂きました!非常に豪華なイベントで終始色んなものを食べ歩き状態!CCIEを取得して得したな~と思える瞬間でしたね。新たに色々な人に出会えたり、CCIE 6冠と言う事で為久さんに檀上で持ち上げられ恥辱の限りを尽くされたり、名刺入れやクイズ大会で優勝してUSBメモリを頂いたりと初参加でしたけど面白いイベントでした。ありがとうございました!

2014年11月26日

朝7時起床。ミッドタウンへ向けて家をでる。そしてiPhoneに入れてあるThe WhoのWon’t Get Fooled Again(もう騙されやしねぇ!)をオープニングに聴きながら駅へ歩いて向かう!さーて、今回はどれだけ闘えるだろうか?今回落ちると次受けられるのは3ヶ月後!そう、試験ポリシーが変わって2回目落ちると次受験可能になるのが1ヵ月後ではなくて3ヶ月後に変わったのだ。色々な方法でハードルを上げてきますなぁ。

六本木ミッドタウンへ到着して1Fから21Fまでエレベーターで上がる。そうすると、またもやプロクタが座って待っていた。何時に着てるんだろこの人?“Ok, Please show me your ID”と言う事で日本の免許証を見せる。“Is this a first time to take CCIE exam?”と言うので先月も来たと告げると、“Ok, please follow me”とエレベータへ向かい歩き始めた。あれ?他に誰もいないけど、また僕だけですか?と聞くと、“Yes, you are the only one for Today” 何ですと!またかよ!R&Sのバージョン更新がまだ響いているのかいな?世間じゃ大学生が合格したって話があるそうな。大学生の時なんて音楽と女の子の事以外なんて考えた記憶無いってのになぁ。本当に頭が下がります。

という訳でエレベータを上がって行きCCIE部屋へ到着。ブリーフィングを済ませると同時に、“You need to do a lot of troubleshooting for CCIE Data Center” と前回と同様に注意事項を頂く。今回こそは全部の事件を解決して見せる!そう、おっちゃんの名に懸けて!!(探偵物ネタが混ざってるぞ…) “Also, devices are not here in Tokyo” との事ですが何とかならんのですかねぇ。あんなにラボに一杯機材有るじゃないですか~。

さて試験開始!まずは構成図と問題文を確認して行く。相変わらずの意味不明な構成図!でもこんな事に惑わされてはならない!ワトソン君、この構成には意味がないのだよ。そもそも混乱させる為のワナでしかない。え?意味があったらどうするかって?その時は、その時に対処方法を事前に4パターンは考えておけばいいのさ、取りあえずそこに置いてある僕の注<以下自重します。> そして例によって構成を書き上げてみる。L2/L3、Storage、UCS、Virtualizationと各関連性を書き出す。大体20分使って終了!

そして設定開始!!Nexusから始める。相変わらず重い!実に重たい守りだ。体もデカけりゃ攻撃も重たいという見たまんまのNexus。出てくる技術が多すぎて、頭が混乱しそうになるけど、都度休憩を取ったりとクールダウンさせて何とか凌ぐ。でも1つだけ思い通りに動かない箇所がある。思いっきり疎通に影響があるので後に響きそうだなぁ。取敢えずは先に進むか。

そしてStorageへ突入する。ここは非常に重要なセクションだ!前回はここで大分やられてしまった!今回はそういう訳にはいかんぜよ!何せありとあらゆるパターンを考えて来たんだ、全てのトラップを排除してやるぜぃ!と言う訳で進める。見たかい?ワトソン君、常に最悪のパターンを想定してからその対処法を4パターンは考えておくべきなのだよ。そうするとほら、全てのVSANがUpしているだろ?ではここいらで一休みして、僕は注<以下自重します。>

さてさて、Storageは大分うまくいった!これならUCSもうまく行くんじゃあるまいか?そしてUCSの中盤あたりで、“Ok, please start saving your configuration, we are going to lunch after 5 minute!” という訳でランチへ。

ラボ会場から大きな机がある部屋へ移動。今回もプロクタが“私は用事があるから1人で食べていてくれ、また後で戻ってくる。”と言って部屋から出て行った。それはいい、それは構わない、でもさ、

内容までも先月とおんなじやつじゃん!

もっとこうさ、ライブハウス・ミッドタウンへようこそ!的なノリで(どんなだ?)B1Fとかにランチ食べに行くとにしてくれよ~。本当に勘弁して欲しい。しょうがないので弁当はさっさと食べて隣の部屋であったかいお茶を汲んで休憩している。手応え的には五分五分な感じだから、きっと色々ダメな所があるんだろうなぁ。何とか後半戦で挽回したいところ。部屋に戻るとプロクタが戻ってきていた。

さて、ランチタイムが終了して試験部屋に戻り午後の部開始!UCSの残りを進めていくと、E、じゃなくて、My son SANがBoot Upしない問題も今回はOK!でもそれでも大分難しい問題が残っている。とは言え、最悪の状況は脱しているから進歩はしているな。続くVirtualizationもこの調子で大丈夫だろうと思っていた、しかし現実は甘くなかった!これはマズい、、、可能な限り無い知恵を絞りに絞るけど、全然上手くいかない。さっきのNexusが響いているなこりゃ。

と言う訳でそこに焦点を当てることに!これが上手くいかないと、他の所も軒並み落とす危険性がある。よく考えていやがる。さしもの名探偵ロッカンもお手上げ状態だ!(そういう事を試験中に考えてるからダメなんだ。) とは言え粘る!これを落とすと3ヶ月待たなきゃならない!嫌だ、そんなのは嫌だあああ“Last 5 minute! Please start saving your configuration!” あーーーー!くそー!チッキショー!ん?あれ?もしや!とギリギリ3分前で犯人を見つけた!そして残り1分で設定をしてshowの結果を確認して、全身全霊の高速copy run staタイピングを繰り返して終了。

そしてタイムアップ!最後の最後に犯人は見つけた、、、だけど合格に届いているかは結構微妙だ、、、また椅子取りゲームからやり直しか?という訳でエレベーターを降りてミッドタウンを後にする。今回はオシャレ・ピーポーの代名詞、スタバで問題を纏める。周りで女子大生がキャッキャッと“これマジヤバくな~い?”という黄色い声を上げている中で、オッサンが一人でCCIEの問題を纏めている姿はキモイの一言だなぁ。しかし、大分手応えは良い!前回よりは格段に進歩しているぞ!これマジヤバくな~い?(気持ちが悪いという意味では確かにヤバい。)

そのまま帰宅合否メールを待つけど来ていない。しょうがないので寝ることに。

2014年11月26日

朝起きると来ている。合否メールだ!どうだ!今回はそれなりの手応えだったぞ?Passっているんじゃないか?マジヤバいんじゃないか?

“Fail”

ぬあ~~~~~~!ダメか~~~~~!最後の最後に見つけたとは言え、ちゃんと確認出来ていなかったからなぁ。セクションの点数を見ると、“UCSとVirtualizationが弱い!”という訳でトータルで65点くらい。とは言え進歩は大分したか。3ヶ月待たなきゃならないのが辛いけど、その間にホームズみたいに注<以下自重します。> 。そう言えば昔国語の先生に、何でホームズは注射してるの?と聞いたら、“病気だからだ。”と教えてもらった。確かに間違ってはいない!物は言いようですな。

次回に向けて:

ドキュメント類を見直して再度色々なパターンを詰めて行きたいと思います。