• en
  • ja

CCIE COLLABORATION 受験記 4回目

2015/11/8 (日) 23:39

201511

今回も日本人、いや東洋太平洋で初のCCIE 8冠を賭けてCCIE Collaboration取得に挑戦!

、、、ってもう何回言っているんだ?既に”取るよ取るよ詐欺”だと言われてもおかしくない状態だぞ!何せ前回はかなり酷い目にあったから、受験に躊躇していたけどこの前のCCIE Night 2015に参加した時も、散々色々な人から8冠の進退について聞かれてしまったし、何時までウダウダしていてもしょうがないので思い切って受験する事に。

Collaborationの空き状況は相も変わらずの空席、、、、でもない!意外と埋まっているなぁ。日本人で受ける人なんてあまりいないような気もするけど、シスコの方が受けたりするんだろうか?

何にしても今回で最後にしよう!This could be the last time♪ May be the last time I don’t know♪ だ!(じゃあダメじゃねぇか!)

そして11月6日に受験日を設定する!11月7日にプログデンスさんのCCIE取得支援セミナーに参加するので、何とかネタとして使えるようにしなくては!(なんだそりゃ!)

2015116

朝6時半起床。ミッドタウンへ向けて家を出る。相も変わらずにiPhoneに入れてあるThe WhoのWon’t Get Fooled Again(もう騙されやしねぇ!)をオープニングに聴きながら駅へ歩いて向かう!ミッドタウンへ到着して1Fから21Fまでエレベーターで上がる。何時ものようにプロクタが入口手前で座って待っていた。

今回も大分人がいる!R&S 5名にCollaboration 1名だ。2名だけ韓国の方で後は全員日本人。最後の受験者が到着してプロクタがエレベータに関する説明から開始。“Ok, please follow me”と言う訳でエレベータへ向かい、エレベータを上がって行きCCIE部屋へ到着。!

ブリーフィングを済ませると今回は試験で使用する機材に変更があるので、Collaborationに関しても説明を行うとの事でまずはCollaboration受験者の自分だけが試験部屋に。

今までデスクトップPCとディスプレイ1つだけだったのが、デュアル・ディスプレイになってシンクライアントになっている!デュアル・ディスプレイは大分嬉しい!今までVoice GWとCUCM等の設定を一つの画面でやらなきゃならなかったので、結構やりずらかったけどこれなら大分楽になった。

そしてプロクタから、

前回は機器の問題じゃなかったと思うよ。何せ今週1人合格したから。” と、

“今週の話かよ!”

と突っ込みたかったのは山々だけど、と言う事は機器問題が無いハズだろう!そう信じたい!一旦退出して、R&Sのインストラクションが始まる。その間一人CCIE部屋で待機をする。

うーむ、あの変な機器トラブルが無ければ余裕で終わると思うんだけどなー。バックボーンの問題専任の人とか付けてくれないもんだろうか?プロクタも普段の対応で精一杯で余裕無い上に機器は海外なんだからさ~

なんて思っていたらインストラクションも終了したようで試験開始!まずは構成図と問題文を確認して行く。お馴染みのCall FlowやCodecの関連性を描いていく。加えて今回はUnity関連へのコール接続性も表にしておいた。結構ここの確認に時間を取られそうなので。

そして設定開始!!今回もInfrastructureは実に単純なので問題なくクリアする!メインパートのCUCMとIOS UCは今回もある程度事前に設定をしてしまう。そしてCUCMとGW連携の確認を始めていく。

IP Phoneがレジスト出来た事も確認したし、もう今回はUCCXとIM&Pも全部纏めて設定してしまう。デュアル・ディスプレイのお蔭で作業が大分楽だ!こりゃいいですね~、左でCLI、右でGUIが設定できるので確認作業がかなり早く終わる。

そして、遂にこの時が来た!前回の恐怖が脳裏を過る!怖い、怖すぎる!震える手でCall Routingの設定を確認して行く。何せこの部分は設定が前回と全く同じだから、ここで動作してくれなかったらもうアウト、そう、アウト・オブ・ハチカンなんだ!

嫌だ!俺はエイトマンになるんだ!(私も世代ではありません。)とdebug isdn q931で詳細を確認していく。

ひとーつ、ふたーつ、みーっつ、、、

“通った!全部コールが通ったよ!マンマ!”

そして続いてこちらも恐怖のVideo動作確認!前回はもうこれが動かなくて泣いた!全俺が泣いた!今回はどうだ?どうなんだーーーー!

“無問題”

…..いいだろう、前回との相違点を探すとか、改めてクレームを入れるとか、そういう野暮な事は止めよう!今は先に進む事が大事!過去に囚われてはいけない、そう!いけない!いけないんだよ!チックショーーー!(全然囚われてる。)

IOS UC、Voice Mail、UCCX、IM&Pが軒並み前回の点数が悪かった。この前の問題に引っ張られて動きをろくに確認出来なかったのが大きな原因だろうから、後半戦でじっくりねっとりと確認してやる!結局の所は設定と簡易確認を合わせて2時間40分で終了!相変わらずこういうのは早いなぁ、、、 “Ok, please start saving your configuration, we are going to lunch after 5 minute!” という訳でランチへ。

ラボ会場から大きな机がある部屋へ移動。今回も合計6名でランチを食べることに。弁当の内容が今回は変わっていた。恐らく今までの東京ラボ弁当の中で一番良かったのでは?とは言え皆さんシーンとしているので、プロクタに”デュアル・ディスプレイはやりやすいですね。”と言うと、それは良かった、東京は回線も早いからアジアで一番環境が良いと思うよ。とのこと、ちなみにWirelessの東京開催についてはまだ全然未定だそうな。そしてお昼休憩の30分が終了して試験に戻る!

さて試験部屋に戻り午後の部開始!後はもう全部を確認の時間に充てられる!トラシューも存在しない!変な動きをしているところも1つも無い!と言う訳で一安心していると、R&Sの受験者が途中で退席して行った!早いなぁ、もう全部終わったのか?それとも諦めて退席なのか?

ひたすら題意と細かすぎて伝わらない所まで確認をしていく!職人が電話機1台1台を丁寧に精魂込めて動きを確認して見ました的に確認をする。(普通に言えよ。) なんて思っていると、またもやR&S受験者が途中退席だ!1日で2人の途中退席は初めて見たなぁ。と思いながら一旦トイレ休憩を入れる事に。

そしてトイレ休憩して戻ろうとすると先ほど退席した韓国の方に話し掛けられた。

“I saw you last time, do you remember me?”

って、ああ!前回一緒に受けてた人だ!と話をしていると、何でも今回は自信があるのでもう帰るとのことだ。凄いなぁ~!そんな事やったことないな~。最後に名刺だけ頂いて”Good luck!” とお互いに言って別れた。

さてさて、またラボに戻り今回は5時間近くを確認だけに使えたのはやはり大きい!前まで確認出来てなかった、と言うか動く事だけは確認できたけどトラブルに引っ張られて詰めが甘かった部分があったので、今回はそこも殆どこなせた!

勝った!第8部完!

そう確信が持てるくらいに不必要なくらいにトコトン確認し尽した。最後の30分はもう確認するネタが無くなり、確認しようと思っても確認出来ないので、確認するのを止めた。(しろよ!) そして、“Last 5 minutes! Please start saving your configuration!”という訳で見直しは恐らく5回は出来た所でwrを繰り返す。

そしてタイムアップ!今回はノートラブル!何の問題も無かった!これで受からなかったら金髪にしてグレるぞ俺は!という出来栄えで終えられた。試験を終えてラボを後にする時にプロクタに他受験者で帰り方を知らない人たちを案内して行って欲しいと言われたので、他の受験者の方々と一緒に帰路へつく。途中でR&Sを受験された若い方とB1Fでカフェに入り、わざわざ大阪から受験しに来たと言う事で、本当にご苦労様でした。名刺はお渡ししたので是非ご連絡ください!と伝えて解散。

結果は待てど暮らせど来ないのでそのまま休むことにしますか。本当にこれで受かって無かったら、もう俺もここまでなのかも知れないなぁ、、、

2015117

朝起きると、来ていやがるぜ!合否メールさんがよぉぉぉぉお!Passって言わなかったらタダじゃおかんぞ?どれだけ苦しまされたと思っているんだ?値上げされて金がどんどん無くなって行くんだぞ?同情するならPassをくれ!

“Pass”

Da⋆Funn⋆Da———————– (古いなぁ。)

終わったー!終わったぞー!!東洋太平洋チャンピオンシップに勝利した!!結局CCIE Voiceと同じで4回掛かってしまったけど、何とか終わらせたぞ!!!受ける必要のない、筆記だけでもCollaborationに移行できるのにわざわざ受けてみるというド変態振りを世間にさらしてまでやった甲斐があった!

これでアジア初!世界で2人目のCCIE8冠!!!!って気持ち悪っ!とうとうそんな所まで来てしまったのか、、、CCDEをもし取れたら世界初という恐ろしい領域になるのかもしれない、、、

ともあれ、これで2015年11月現在で存在するCCIEトラックは全部取得した!噂であるCCIE CloudやCCIE Videoが登場しない限りはもうCCIEラボを受けなくて済む!どうか頼むから登場しないで!噂のまま消えて!Ciscoさん、そこんとこヨロシク!!

恒例の皆さんへのスパムを飛ばしながら、自分のステータスが一段と気持ち悪い事になっている事に若干引きつつも、

8xccie

ルートリフの会社経営も頑張ってまいりますので、皆さん引き続きよろしくお願いします!!

第8部完

To be continued…