• en
  • ja

ルートリフVPNソリューション提供の開始

2020/5/22 (金) 14:03

2020年5月21日
ルートリフ株式会社シスコ技術者認定CCIE世界一の岡山義周が代表を務めるルートリフ株式会社(本社:東京都千代田区、以下「ルートリフ」)は、この度、安全にリモート接続できるSSL-VPN機能を搭載しているハードウェア及び導入支援サービスの販売を開始いたしました。価格は、基本サービスで1拠点あたり100ユーザまで150万円(税別)から。

 

テレワークでも安全にアクセスできるSSL-VPN
新型コロナウイルス対策としてテレワーク体制に取り組む企業が増えています。一方、社員の自宅から社内ネットワークに接続するには、ITインフラの安全性を強化すことが重要な課題となります。こうした中で、ルートリフはコンサルティングから導入、リモート運用サポートまで一貫したSSL-VPN導入支援サービスを提供してまいります。自社にSSL-VPNを構築することにより、自宅や外出先から社内ファイルやシステムへのアクセスにおけるセキュリティを強化することができます(図1)。

図1:SSL-VPN利用イメージ

使用する機種として、Fortinet、Palo Alto Networks、Pulse Secure3つのメーカーから選択できます。お客様から要件をヒアリングすることにより、ご利用のネットワーク環境に対し、最適なプランをご提案できます。また、お客様のオフィスネットワークやデータセンターにもかかわらず、あらゆるネットワークシナリオ(既存回線、新規回線(※1))にフレキシブルに対応できるので、総所有コストを最小限に抑えることも可能となります(図2)。(※1:新規回線を増設する場合、回線はお客様にご用意していただきます)

図2:ルートリフ「SSL-VPN導入支援サービス」利用開始までの流れ

提供サービス一覧と導入の流れ
1. 基本設定の実施
I/FのIPアドレス、ローカルユーザの作成、ローカル認証の設定、SSL-VPN接続の設定

2. SSL-VPN用ローカルユーザの作成
100~500ユーザ数、規模ごとに柔軟に対応

3. 機器の単体テストと疑似環境結合テストの実施(当社社内にて実施)

4. 現地作業
機器のキッティングとラックマウント

5. 運用手順書の提供
VPN用ローカルユーザの作成・削除方法、VPNクライアントソフトのインストール方法、VPNの接続方法を示す手順書を提供することにより、IT担当者自身でユーザアカウントを作成したり、削除したりすることが容易にできます。

詳細費用についてはお問合せください。
【本プレスリリースのURL】https://rootriff.com/services/vpnsolution
ルートリフ株式会社
連絡先:03-5244-5300 sales@rootriff.com

【会社概要】
社 名:ルートリフ 株式会社 (Root Riff Systems, Inc.)
所在地:〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-103 東京パークタワー2F EAST
連絡先:TEL 03-5244-5300 FAX 03-5244-5304
代表者:代表取締役 岡山 義周
設 立:2015 年 2 月
※代表の岡山義周は世界初のCCIE8冠とCCDE取得者
CCIE #14795
Routing and Switching/Voice/Security/Service Provider/Storage/Wireless/
Data Center/Collaboration
CCDE#20160001

※CCIE、CCDEは、米国およびその他の国におけるシスコシステムズまたは関連企業の登録商標です
※Fortinet、Palo Alto Networks、Pulse Secureは、各社の商標、または、登録商標です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です